マイコン・ライブラリ/RAMモニタ

マイコン・ライブラリ

性能アップ/価格対応等の為に、MCUの変更が必要になった経験ありませんか?
MCUを変更するとなると、ハードウェアは元より、ソフトウェアもかなりの工数が必要になります。
弊社にインバータ・ソフトウェア開発を委託していただいたお客様には “周辺I/Oライブラリ”、“算術演算ライブラリ”、“モータ制御ライブラリ”等の下位層のライブラリを必要に応じてご提供しております。対応MCUの詳細につきましては、ご相談ください。

関数例 対応MCU
I/Oライブラリ 3相PWM出力関数
PWM周波数設定関数
デッドタイム設定関数
AD変換関数
ルネサスエレクトロニクス製MCU
V850シリーズ/78K0Rシリーズ/RL78シリーズ/
SH2Aシリーズ/RX62シリーズ/RX63Tシリーズ
ルネサス製以外のMCUにつきましてはご相談ください。
注)一部製品は、別途カスタマイズ 費用が発生する場合があります。対応MCUの詳細につきましては、ご相談ください。
演算ライブラリ sin関数,cos関数
atan関数,sqrt関数
リミット関数等
モータ制御関数 空間ベクトル変調関数
2相変調関数

AWatcher II (リアルタイムRAMモニタ)

“AWatcher II” は、プログラムの実行を止めることなくMCUの変数を読み書きする“リアルタイムRAMモニタ”です。AWatcher IIには、変数を値として読むだけでなく、一定周期でデータをサンプリングし、オシロスコープのように波形を表示させる Trace 機能も搭載されています。

特徴

  • 変数の変化をオシロスコープのように波形観測できるTrace 機能(最大 4 ch*)
  • LOG機能搭載。数か月にわたるフィールドテストにも対応。LOGの波形表示も可能
  • 日置3390パワーアナライザーに接続し、 その測定値と変数との連携LOG機能
  • 固定小数点マイコンでもモニタ変数を実数で表示させるスケーリング機能
  • 1, 2, 4, 8 バイトの変数に対応
  • ツール設定の退避/復帰(.xml)、変数設定のExport/Inport (.csv, .xls, .xlsx)が可能
  • 高価な周辺回路不要。UART⇔USB 絶縁インターフェイス・アダプタ(AWatcherBox)付属
  • 対応OS: Windows XP/ Vista/ 7/ 8/ 10

* Trace機能は1ch当たり、観測する変数のバイト長x128の内部RAMを使用します。

対応MCU

ルネサスエレクトロニクス製MCU
V850/RH850/78K0R/RL78
SH2A/RX62/RX63Tの各シリーズ

ルネサス製以外のMCUにつきましてはご相談ください。

パッケージ内容
  • お客様のMCU上のプログラムに組み込んで使用されるAWatcher IIライブラリ
  • Windowsマシン上で動作するAWatcher II本体プログラム
  • UART⇔USB 絶縁インターフェイス・アダプタ: AWatcherBox (1ライセンス付き)
システム構成

PAGE TOP ▲